記事一覧

オーデマ ピゲ ロイヤル オーク最も印象的な変化は、最も微妙なものであることもある。

現在、日本ではロイヤル オーク全般の入荷状況未定とのことで、ブティックへの問い合わせよりも時計への理解を深めることに時間を費やそう。

オーデマピゲ コピーは、Watches & Wondersに参加しなかったが、新作のロイヤル オーク フライング トゥールビヨン エクストラ シン(RD#3)でショーを支配しようとしているようだ。これは、“ジャンボ”史上初の自動巻きフライング トゥールビヨン搭載モデルだ。

当然のことながら、オーデマ ピゲは一連の研究開発モデルで業界を牽引してきたという自負がある。しかし、大きなブレークスルーがそうであるように、そうした成果はそう頻繁に得られるものではない。

オーデマ ピゲ スーパーコピーロイヤル オーク 26530ST.OO.1220ST.01 フライング トゥールビヨン

品番:26530ST.OO.1220ST.01

ケース:

 ステンレススティールケース

 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック

 ねじ込み式リューズ

・ケース幅:41 mm

・防水性:50 m

・ケースの厚さ:10.4 mm

・文字盤:

 「エヴォルーティブ・タペストリー」模様のスモークブルーダイヤル

 蓄光処理を施した18Kホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針

・ブレスレット:ステンレススティールブレスレット、APフォールディングバックル

キャリバー

・自社製自動巻き キャリバー 2950

・直径:31.5 mm (14 リーニュ)

・バランスホイールの振動数:3 Hz (21,600 振動/時)

・石数:27

・パワーリザーブ:65 時間

・部品数:270

・機能:フライングトゥールビヨン、時、分

ロイヤル オーク“ジャンボ”の象徴的なデザイン要素をすべて備えながら、この時計の真の研究開発的な側面はダイヤルの下にある。新しいCal.2968は、5年の歳月をかけて開発された、3.4mmというとんでもなく薄い自動巻きフライング トゥールビヨンムーブメントだ。これまで41mmの時計にしか搭載されていなかったトゥールビヨンのデザインを、“ジャンボ”ケースに搭載することはAPのエンジニアにとって挑戦だった。ムーブメントの歯車が最大限に工夫された新しい脱進機を備え、新しい形状のテンプの腕、そしてダイヤルの高さに位置するフライング トゥールビヨンが、その成果の一端を担っている。

オリジナルの自動巻きトゥールビヨンとは異なり、サファイアクリスタルのシースルーバックからは、伝統的なコート・ド・ジュネーブ仕上げに代わって地板とブリッジに施されたクラシックなV字アングルとモダンなヘアライン仕上げ、そしてもちろん、ロジウム仕上げの22Kピンクゴールド製の50周年記念のオープンワークローターを鑑賞することができる。

上記をすべて読んだあとも印象的でないと思った方は、次の情報もご確認を。なんとオーデマ ピゲは、9月にこの時計の37mmバージョンもリリースするというのだ。41mmのさらに先を行くようなものである。


【関連記事】:スーパーコピー どこで買える

コメント一覧

ヴァンクリ スーパーコピー URL 2022年04月14日(木)13時44分 編集・削除

イベントはヴァン クリーフ&アーペルの公式アカウントから事前申し込みできるので気になる人はチェックを

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー